株式会社カケン   WEBサイトで活躍する ARAGO for Internet 講座
 BACK なぜ、経済的に効果があるのでしょう  開発事例ページへ

データー処理ができるホームページは、
  なぜ、経済的で効率が上がるのでしょうか?
WEB(インターネット)で稼働するシステムソフト開発

当社の最善策について

1.開発言語選択の重要性

 型にはまった言語では、自由が利かない。
 自由な開発ができる言語であっても、手間ひま時間が必要では開発経費は高くつく。
 最適言語として当社はARAGOを採用しています。

2.ARAGOには卓越した便利さがある

 ユーザ認証システムが容易に構築でき、セキュリティーに優れている。
 インターネットホームページ上でデータや情報処理が簡単にできる。
 したがって、人が2度にわたってデータ入力作業をする必要がない。
 相手が入力したデータを、自社で再度入力することはない。
 プログラム無しで、ダイレクトにデータを操作することも簡単にできる。
 処理工数が他言語の1/10のため、システム変更なども容易である。

3.データーベース型処理言語としての要点

 データ件数に関係なく瞬時に目的データが検索できることが、優先される
 (インデックス機能を既存で保持しているから高速検索できる)
 データないしは加工・集計データなどが、他のソフトで容易に活用できること。
 必要なデータのみを容易に抽出して、簡単に自己用のデータとして加工できること。
 情報収集・整理手段として、人手を使うことなく容易に整理できること
 情報発信手段として、整理された情報をもとにホームページを自動作成するなど、容易に人がわかる情報に加工できることなど

 BACK なぜ、経済的に効果があるのでしょう  開発事例ページへ

これからは、ホームページとデータベースは連動して、情報のやりとりができることが、事業発展の重要な鍵となることでしょう。

お問い合わせ・相談無料 ここをクリックして下さい
     ホームページシステムソフト開発・活用指導
     株式会社カケン(科学技術研究所)
        担当 太田 英輝 メール
      〒600 京都市下京区大宮仏光寺下ル 新日勝ビル3F
     Fax 020-4669-1642